Information

2015-06-15 16:49:00

給湯配管を修理してきました。

まずは漏水箇所の確認を行います。現場によっては複数の箇所から漏れている事もありますので。

今回は銅管のR部分にピンホールがありました。

床下と外部で銅管を切断し新しくつなぎ直しました。

床下の作業に時間がかかりましたが、施工後の水漏れ確認でも異常なく完了です。